森   哲志
ジャーナリスト・作家 日本エッセイスト・クラブ会員、元朝日新聞社東京・名古屋社会部記者、元朝日新聞社富山総局長、朝日カルチャーセンター講師。長崎市生まれ(東京在住)。

▼記者時代の記憶
 1980年代から2000年代にかけて、記者生活の大半を事件記者として過ごしました。成田空港三里塚闘争と管制塔占拠事件(1978年)、金の現物まがい商法で1500億円をだましたとされる豊田商事事件(1985年)、グリコ・森永事件、520人の犠牲者を出した日航ジャンボ機墜落事故などが記憶に残っています。
 80年代半ば、国鉄の分割民営化に伴う国公有地売却の陰で、大手都銀がダミー会社を使って、都心の土地買い占めに狂奔している事実をつかみ、買収劇の現場を初めて報道、バブル問題キャンペーンの先駆けとしました。一世を風靡した、いわゆる「地上げ屋」という新語はこの時、小生が造語したものです。バブル最盛期には、国税庁担当として、土地と株投機の異常性、マネーゲームの問題点を追及するべく、チームを作成して臨みました。

▼ノンフィクション作品中心に

 この後、デスクワークに就いたのですが、バブル期に取材したデータを素材に、初めてノンフィクション・ノベルを執筆。いわゆる「B勘屋」(ニセ領収書屋)事件を題材にした作品「バブル・ゲーム調書」(1992年、新潮社刊)を発刊しました。
 普通の市民として真面目に生きていた銀行マンや不動産会社社長が、狂乱バブルの中で、どう人生を狂わせたかを描いた小説です。
 その後、高度成長経済を支えた中高年サラリーマンの問題――転職、失業、家族などに焦点を絞って、新しい視点と感覚でテーマを追い、長期新聞企画「仕事の風景」シリーズを連載。
 市井の市民に戻った元プロ野球選手のその後の人生を描いた「球場去りし後」(2001年、計30回)が02年5月、優れたスポーツ報道・出版を対象にしたミズノスポーツライター賞優秀賞(財団法人水野スポーツ振興会)を受賞。かつてスポットライトを浴び、青春華やかりしころを振り返りながら、その胸の内、生き様を描いたノンフィクションです。単行本名は、「不屈のプレーボール」(河出書房新社刊)。「本の雑誌2002年ベストテン」(椎名誠編集人)にもランクされた。

▼海外取材も積極果敢に
 フリーになってからは、それまでできなかった海外取材に挑戦しました。
 一年間にわたるユーラシアの旅行取材をまとめた「団塊諸君 一人旅はいいぞ!」(朝日新聞社刊)。シニア世代の先駆けとなって、いかに安く楽しい旅ができるか、を実践した旅であります。

 
ジャーナリストとして、アフガニスタン、パレスチナ、イランなどの国々をたずねて、メディアで伝えられている現場の状況を、自分の目で確かめて、悲惨な現実を取材しながら視野を広めました。その最終目的地が、イラク戦争下、自衛隊が派遣されたイラク・サマワのレポートです。
 一カ月近く当地に滞在して取材し、「イラク現地報告 自衛隊がサマワに行った本当の理由」(情報センター出版局出版)として出版しました。
 05年3月、スマトラ沖地震を取材のため、インドネシア、タイ、スリランカを約1カ月間現地に取材しました。インドネシア・バンダアチェでは、両親を失った子供たちの生活が深刻になり、孤児を狙った人身売買組織が暗躍、これらの問題を「津波被災地を襲うトラフィッキング(人身売買)危機」(岩波書店「世界」6月号)に掲載。2013年は、急変貌するミャンマーに注目、すでに3月に1度、取材に行きました。


▼東日本大震災取材
 大津波に絞って、岩手・宮城に滞在して集中取材。「あの人にあの歌をー三陸大津波物語」(2011年、朝日新聞社刊)を出版。その後も三陸主体に行動を続け、支援活動も少しばかり行っています。

▼スポーツ取材に意欲
 
「不屈のプレイボール」受賞でアスリートを描く執筆依頼が増え、様々な媒体で記事を掲載していますが、月刊宝島で連載中の「不屈魂」は、5年を越えます。4ページの大型企画で、田臥勇太、澤穂希、宮間あや、内山高志選手ら数多くのアスリートを掲載いたしました。おかげさまで、アスリートの戦いを描く人間ドキュメントとして、スポーツ界関係者から高い評価を受けております。
 2010年南アフリカワールドカップも現地取材、1ヶ月間にわたってヨハネスブルグやダーバンなどの滞在、日本戦全戦にとどまらず、優勝国スペイン戦なども観戦取材しました。


▼四国遍路結願と体験講座
 
2007年7月から8月にかけて、歩き遍路1200キロに挑戦、41日間で無事結願いたしました。有意義な修行であり、究極の一人旅という感慨であります。少しでも多くの人々に遍路を一度体験してほしいと思って、遍路入門講座を開催しています。朝日カルチャーセンターや中日文化センター(名古屋)、九段生涯学習会館などで開催実績があります。

▼座右の銘は「我が道、我が夢」。好きな言葉「進取の気風」。趣味は銭湯巡り。